あぐりとたね

あぐりとたね 1巻表紙

プライベートで打ちのめされた主人公が、仕事をきっかけに野菜と仲良くなる話。

野菜に関するうんちく漫画としては鹿島麻耶さんの『ベジたべる』と同ジャンル。こちらの方が農業の要素強め。

2巻

畑を「見逃したらもったいない」という高野さん。

畑の風景
畑の風景

どっちもありそう(笑)
どっちもありそう(笑)

惚れた…(野菜に)
惚れた…(野菜に)

惚れた…(スルーされたが)
惚れた…(スルーされたが)

聖地巡礼系のオタク…
聖地巡礼系のオタク…

農業って、肉体労働でもあるし、研究者でもあるし、零細私企業でもあるのでなかなか大変だよなー、と思う。

種の話が出てきた
種の話が出てきた

3巻

私はじゃんけんで誰かを陥れるために、ハンドサインを決めておきたい、と常々思っています。

じゃんけん
じゃんけん

極論の人が意外と出番少なくて残念。もうちょっと活躍あるかと思った。

こういう役回りの人もいますよね
こういう役回りの人もいますよね

だんだんイケメンになる高野くん…
だんだんイケメンになる高野くん…

宮崎には平家の落ち武者伝説があります
宮崎には平家の落ち武者伝説があります

この農家には秘密がある
この農家には秘密がある

農業は土が大切なんですよね
農業は土が大切なんですよね

同じ作者の作品リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です