ハーバード流交渉術 イエスを言わせる方法

交渉の苦手な私が少しでも基本を学ぼうと読んだ本。なかなか含蓄に富んでいる。

二人の姉妹が1つのオレンジを奪い合い、半分ずつにすることにした。姉はオレンジの皮を剥いて中身を食べ、皮を捨てた。妹は中身をくりぬいて捨て、皮でマーマレードを作った。

この二人がもし、お互いの要望を詳細に伝えていたら、二人は利益を最大化できたはず、という。

ゼロサムの押し合い引き合いはこの交渉術の目指すところではない。双方の利益の最大化、がテーマである。

「交渉は苦手」「交渉イコール相手に損させる技術」と思っている優しい人にこそおすすめ。交渉って、悪いことじゃなくて、きちんと調整する技術なのだ、と感じさせてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です