バオー来訪者

(全2巻、1985年)

序盤では、寄生虫バオーが宿主を食い破る描写があるが、終盤スミレのビジョンでは育朗が湖底から復活する予定になっている。湖底から復活するとバオーの症状も進行してしまうのではないかと思うのだが……。まあ誰かが既に検証しているだろう。育朗ならバオーをコントロールして症状を抑えられるようになるかもしれない。

時代的には『強殖装甲ガイバー』と比較されることが多かった。

同じ作者の作品リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です