ルナ・ゲートの彼方

異星サバイバル少年少女漂流記。サバイバル・テストから帰れなくなった少年少女が、異星でのリアル・サバイバルを開始する。主人公の姉ヘレンが言う「予備のナイフは、おなじ重さのトリウムほど価値があるのよ」はナイフ愛好家にとって至言。あと「そこではっと気がついた。マトスン博士は、質問に答えてくれたのだ、実にはっきりとしたヒントによって。」も好きなセリフだな。

同じ作者の作品リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です