宝灯堂機譚(ほおずきどうきたん)

大正っぽいがメカニカルな世界設定(ディーゼルパンク?)で、広く器物の声が聞こえる修理屋の少女、宝(たから)とその従者の機械人形(ロボット)ホオズキの物語。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です