昭和元禄落語心中

あらすじ

落語の大名人、有楽亭八雲に、刑期を終えて出所したばかりの与太郎が心酔して弟子入り。これまで弟子をとったことのない八雲がなんの気まぐれか弟子入りを許す。

八雲の家にはかつての同門、有楽亭助六の忘れ形見、小夏も幼女として同居していた。

落語に命を賭ける面々の熾烈な人間模様。人を笑わせることに必死。落語という芸能の閉塞感もあいまって、笑ってばかりも居られない人間模様が描かれる。

2巻〜5巻が過去の語りに戻るので、ちょっとまどろっこしいというか、与太郎のとぼけた味がないと人間関係辛い(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です