ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事

お気に入り☆☆★★

この手の「古典」はだいたい兄の影響で読むことが多い。高野文子さんはまさにその代表。

こういう美術史に残るタイプの名作は、私はセンスが足りないので今一つよく価値がわからなかったりする……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。