百日紅

文芸同人誌『有象無象005号に『百日紅』の書評が載っていた。それがあまりに面白そうだったので購入して読んだ。実にいい書評なので機会があれば是非読まれたし。

葛飾北斎の娘でやはり絵描きのお栄(葛飾 応為)の生活を活き活きと描く。

杉浦日向子氏は江戸風俗研究家でもあり、葛飾北斎やその門人たちの暮らす江戸の生活をありありと描き出している。

お栄は史実でも個性的な人物だったようで、『百日紅』以外でも様々な作品に取り上げられている。

葛飾 応為 – Wikipedia 

上下巻で終わっているが、もっと読みたかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。