空色勾玉

中学生だったか高校生だったかの時に読んだ、和風ファンタジー。ストーリーにぐいぐいと引き込んでいく展開の速さに舌を巻いたのを覚えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。